ジョギングとランニングの違い

   

ランニングとジョギング、どちらもダイエット方法として
人気の有酸素運動ですが違いはなんでしょう。

 

ランニングとジョギングの違い(定義)

ebea3889276dbdd3aede599ec27e1bca_s

ランニングとジョギングの違いは、ずばり

走るスピード

 

 

ランニング

  • 速いスピードで走ること。
  • 目標タイムを設定し、それに向けて走るため競技志向が強い。
  • 心拍数140回以上/分
  • 1kmあたり5分以内のスピードが目安

 

ジョギング

  • 無理のないスピードで走ること。
  • 心拍数120~130前後。
  • 早歩きより速めのペース。
  • 話しながら走れ、1kmあたり5分以上(7分程度が目安)のゆっくりとしたスピード。

 

ダイエットに最適なのはランニング?ジョギング?

d378e1ef720309426cc91e7a741cec41_s

過去の経験にもよりますが、ダイエットを意識しだすのは多くが
代謝が落ち歳をとってからだと思いますので

おすすめはジョギング。
ランニングもジョギングもどちらを実施する場合にも、

痩せるためには20分以上有酸素運動を継続させること

が欠かせないため、

ランニングで20分運動するよりも

ジョギングで30分運動した方が効率的なダイエット効果を得ることが出来るからです。

※同じ時間継続できるならランニングの方が当然ながら痩せます。

 

 

 

とにかく早く痩せたいなら早朝ラン

 

朝起きて朝食をとる前に走ることが出来るなら、最もダイエットに適した

有酸素運動であるといえます。
通常、脂肪燃焼には20分以上継続した有酸素運動を必要とします。

(詳しくはダイエット目的の有酸素運動が20分以上必要なわけでご紹介しています。)

 

が、長時間なにも口にしていない状態で走ると

すぐに脂肪をエネルギーとして消費してくれる

ため、脂肪燃焼を促進してくれる効果がさらに高まるからです。

(もちろん、運動後の朝食は普段と変わらない食事量・食事内容が必須)

 

 

 

ランニング(ジョギング)ダイエットをさらに効率的に行うための方法

427175271cfe67d0cef3019200ae974d_s

ランニングやジョギングなどの有酸素運動を行ううえで、さらにダイエット効果を

高める方法をご存知でしょうか。
それは、

有酸素運動の前に筋トレ(無酸素運動)を行うこと。
筋トレ(無酸素運動)自体にはさほどダイエット効果はありませんが、

筋トレ(無酸素運動)直後は身体の新陳代謝が高まる作用があるのです。
代謝を高めた状態で有酸素運動を行うことで、更なる脂肪燃焼効果を生み出すことが出来るため

ランニングやジョギングを行う前に筋トレを実施してみて下さい。

 

 - ダイエット知識 , , , ,

Top