ベジファーストでかんたんお手軽ダイエット

   

最近注目されているダイエット方法として、野菜を最初に食べるベジ・ファーストという方法があります。

野菜を最初に食べて、その次にお肉とかお魚とかを食べて、最後に炭水化物を少しにするというものです。
ベジファーストを実践することで、

  • 血糖値の上昇を防ぐ
  • カロリー摂取量を抑える

といった2つの効果をもたらすことが出来ます。

 

 

 

ベジファーストで血糖値の急激な上昇を抑える

e8c3116c24c72c301efb1c10fefdd5a6_s

 

血糖値ってどのようなものかご存知ですか?

 

 

血糖値とは、血液中に含まれるブドウ糖の濃度の値のことを言います。

ブドウ糖とは、私たち人間の身体を動かすエネルギーとなるものであり

ご飯やパン、うどんなど糖質を含むものを食べると消化して作られます。

 

この血糖値、インスリンというホルモンがバランスを調整しているのですが

炭水化物など糖質の多いものを食べると血糖値は急激に上昇し、

インスリンでは処理できなくなってしまいます。

 

処理できなくなった血糖は中性脂肪として体内に蓄積され、肥満を引き起こす原因となってしまうのです。
ここでベジファーストが実践できていると活躍してくれるのが食物繊維。

食物繊維は糖質の吸収を抑える働きがあるため、先にたっぷり野菜を食べることで

血糖値の上昇を防ぐことができるというわけです。

 

 

◆サラダから食べ始めた場合と、ご飯から食べ始めた場合の血糖値比較

(※「第18 回日本病態栄養学会年次学術集会 発表資料」よりデータ引用)

・サラダから食べ始めた人

食前 90mg/dL →食後30分 110 mg/dL

血糖値の上昇は20 mg/dL

 

・ごはんから食べ始めた人

食前 90mg/dL →食後30分 130 mg/dL

血糖値の上昇は40 mg/dL
このように、同じ食事メニューであってもサラダから食べることで血糖値上昇を抑え、

太りにくい生活習慣を作ることが出来るのです。

 

 

 

ベジファーストで満腹中枢を刺激。ドカ食い防止

87d9d9baed9537088590e89e91a952b4_s

 

血糖値だけではありません。

ベジファーストを実践することで、炭水化物の吸収に時間がかかるようになり

空腹を感じる時間が遅くなります。

 

3大欲求の食欲ですから、相当な我慢が必要です。

その点ベジファーストなら、空腹のサインを出す脳ミソがなかなか空腹のサインを出さないため

無理な我慢が必要なくなるというわけなのです。

 

 

 

なかなかダイエットが続かない、ドカ食いが我慢できないなら

ベジファーストをお試しされてみてはいかがでしょう?

 

 

 - ダイエット方法 ,

Top