レコーディングダイエットのやり方と効果

      2016/03/16

 

 

レコーディングダイエットとは、

岡田斗司夫先生が実践・開発したダイエット方法です。

 

食事内容を毎食メモに残すだけという簡単なダイエット方法

レコーディングダイエットは、その名の通り

レコード(記録)するダイエット方法で、

その日食べたもの・飲んだものをすべて記録に残すダイエット方法です。

 

朝飲んだコーヒーや牛乳から、一つ二つ食べたチョコやクッキーにいたるまで

口にしたもの全ての記録をとるため、3食はもちろんおやつまで全ての

摂取物を記録に残すことが要求されます。

 

また、食事のみならず毎日必ず体重計に乗り体重(出来れば体脂肪率も)を

記録することも忘れずに。

 

 

なぜ太ってしまったかが一目でわかる

 

全ての摂取カロリーとその原因を把握することが出来るため、

今までの生活でなぜ太ってしまったかが一目瞭然。

 

さらに、全ての摂取物を記録することが必要とされるため

「ちょっと一口」をメモする面倒から間食が減ることも期待できる優れた

ダイエット方法です。

 

 

レコーディングダイエットは4つのステップで実施

2374828d005b0615f2ab432694c82384_s

 

著者の岡田さんは曰く、このダイエット方法は

  1. 助走(開始から1週間)
  2. 離陸(1週間~2週間)
  3. 上昇(1ヶ月)
  4. 巡航(2ヶ月~)

の4つのステップに分けて実践していきます。

 

早く痩せたいと焦ってしまうと、結局いつまで経っても変わらず。。。

 

なんて事になりますから、一つずつステップを踏んで進めていくことが成功のカギです!

 

 

1,助走

レコーディングダイエットで最も重要といわれるのが、この

「助走」期間です。

 

普段、あなたがどのような食生活を送っているかを可視化させるために

行うので、食事量を減らしたりすることなく普段と変わらない食生活を送ります。

 

この期間は、必ず

口に入れたもの全てを記録します!

 

とにかくレコーディング(記録すること)に慣れるための期間が、この助走期間です。

 

 

2,離陸

続いて、食べたもの・飲んだもののカロリーを計算するのが、この

「離陸」期間です。

 

助走期間と唯一異なるのが、

カロリー計算を実行すること。

 

まだ食べ物の制限をかける必要はありませんので、食事内容は普段通りでok!

 

パーティなどの参加により、細かなカロリーが把握できない場合は

大雑把でも構いません。

 

必ずレコーディングを継続することが肝心です。

 

 

3,上昇

さて、ここでいよいよダイエットの本質、

食事制限を始めます。

 

この「上昇」期間でもっとも大切なことは、

1日当たりの摂取カロリーを一定範囲に抑えること。

 

この一定範囲とは、基礎代謝量。

※基礎代謝量とは、身体が活動するために欠かすことの出来ないカロリー量で

 血液循環・呼吸等の生命維持活動の基となるかカロリー量です。

一日の摂取カロリーを基礎代謝量程度に抑えることが出来れば、生活していく

上ではそれ以上のカロリーが必ず消費されるため必然的に痩せるというわけです。

基礎代謝量の算出方法はこちらでご確認ください。

 

 

4,巡航

カロリー計算にも慣れ、カロリーコントロールも習慣化してきたら

次のステップに移ります。

 

この「巡航」期間では、ダイエットを続けていると必ず生じる

停滞期

に陥ることが多いため、ウォーキングやランニング、水泳、自転車などの

有酸素運動を取り入れたり、マッサージやストレッチを行ったりと身体に刺激を与えます。

 

また、食べながら痩せるサプリメントやダイエットツールを取り入れることも

おすすめ。

多くの方が挫折するのがこの停滞期ですから、新たな刺激を与えて気分転換をすることも

ダイエットを継続するためには欠かせません。

 

 

理想の体型へ。。。

4つのステップを経て、停滞期を乗り切るとあなたの理想とする体型・体重が見えてくる

頃でしょう。

 

また、ここまで続くと身体もリバウンドしずらい状態へと推移しているはずです。

(もちろん、食生活をもとに戻してしまうと話は別ですが...)

 

理想体重と現在の体重に開きがある場合は、このままレコーディングダイエットを

継続していけば着実に近づくでしょう。

 

 

レコーディングダイエット成功のコツは?

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s

レコーディングダイエット成功のコツは、ズバリ

記録する習慣をつけること。

 

そして、

  • 太っていた原因を知る
  • 痩せた原因を知る

これに尽きると思います。

 

あなたも経験があると思いますが、習慣を変えるのはとっても難しいものです。

 

転勤や転職、また就職などで朝起きる時間が早まったとき、最初はとても苦労したことでしょう。

慣れてしまえばなんともないことも、慣れるまでがとても大変。

 

ちょっとしたことで挫折してしまいそうになると思います。

 

従い、とにかくあなたのライフサイクルにレコーディングを組み込んで下さい!

 

また、最近は便利なアプリが無料でDL出来たりもします。

カロリー計算アプリなんかは、多数出回っていると思いますので

あわせて活用してみてもいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 - ダイエット方法 , , , , , ,

Top