停滞期脱出!チートディとは?

   

ダイエットに挑戦・実践しているとどうしても訪れるのが

”停滞期”。
今回は、にっくき停滞期を上手く乗り切る『チートディ』についてご紹介いたします。

 

 

チートディとは

2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_s

 

英語の「チート(cheat)」とは、「だます」「偽る」などという意味の言葉です。

直訳すれば、「だます日」ですね。

チートデイはダイエット中に行なう、いわゆるドカ食いの日です。

チートディを実施すると決めた日はとにかく

多量のカロリーを摂取する事だけを意識します。
基礎代謝の3~4倍の量を1日で摂取するぐらいの量をとります。

普段1500~2000kcalで維持しているなら、

4500~6000kcalを目標にとにかく食べる、喰らう。

 

※私たちの身体は急激な摂取カロリー減が起こると、飢餓に備えてカロリー消費を減らそうとします。停滞期がまさにコレです。

 

そんな停滞期を文字どおり”だます”日がチートディです。

 

 

チートディの取り入れ方

チートデイを実施していいのは、きちんとカロリー計算をしてダイエットをしている人です。

なんとなくダイエットをしている場合は、チートディは必要ありません。

停滞期が訪れて初めて実践する価値があるのがチートディのため、停滞期が訪れていない場合には

逆効果になってしまうため、見極めも肝心です。
チートディを実施するスパンの目安は以下。

 

≪男性≫

  • 体脂肪率10%以上~15%未満:1週間に1回
  • 体脂肪率15%以上~20%未満:10日に1回
  • 体脂肪率20%以上~25%未満:2週間に1回

 

≪女性≫

  • 体脂肪率20%以上~25%未満:1週間に1回
  • 体脂肪率25%以上~30%未満:10日に1回
  • 体脂肪率30%以上~35%未満:2週間に1回

 

脂肪率の低い人は、チートデイの頻度は高く、体脂肪率の高い人は頻度が低くなります。
日々の体脂肪率の推移と照らし合わせて取り入れ手見て下さい。

 

 

 

チートディでこれだけは抑えるべきポイント

1381cdd3d8ee353b0371001e5c2e87eb_s

 

チートディは”ただ好きな物をたくさん食べていい”というわけではありません。

より効果的なものにするため、ポイントを抑える必要があります。

 

 

それは、「糖質」の摂取をメインに考えて食べるようにするということ。
ダイエット中は日常的に摂取カロリーを意識した食事をしていると思います。

 

さらに意識を高く持っているなら、栄養面にも意識した食事をしていることでしょう。

 

高たんぱく低カロリーな食事や、野菜や果物、海藻などの

ビタミンとミネラルが豊富なものをバランスよく摂取することがほとんどではないでしょうか。

 

この、栄養バランスの崩壊も身体と脳にいい意味でバランスブレイクさせることが出来るのが

チートディなのです。

 

 

 

 - ダイエット知識 , ,

Top