基礎代謝量とカロリーの関係

      2016/04/29

私たちは日々絶えることなく心臓から血液を送り出され、呼吸をし、体中に

栄養を循環させています。

 

もちろん、これもカロリーが燃料源となって行われる生命維持活動ですから

何もしなくても生きているだけでもちろんカロリーは消費されます。

 

これが”基礎代謝量”といわれる、生きるための消費カロリーです。

 

今回は、そんな基礎代謝量と消費カロリー・摂取カロリー、生活カロリーについて

詳しくみていきます。

 

 

1日の基礎代謝量と必要摂取カロリーを算出する

58ce864e88f831cbc409ce90628f1c7f_s

 

まずはあなたの基礎代謝量を算出し、日々最低限どのくらいのカロリーを必要としているか

確認してみて下さい。

基礎代謝量確認サイトはこちらです。

 

続いて肝になるのがエネルギー所要量。

エネルギー所要量とは、食事は生活全般で消費するエネルギーの全てを総したものであり、

基礎代謝量を上回ってもエネルギー所要量を上回らなければ太ることはありません。

(もちろん、+-0なので痩せることもありません。)

 

従い、エネルギー所要量=1日の総消費カロリー

となります。

 

エネルギー所要量は基礎代謝量の1.5倍程度が目安と言われており、

基礎代謝量=1500kcal

の場合、

エネルギー所要量=2250kcal

となります。

 

消費カロリーがこのエネルギー所要量となるわけです。

この数値を下回れば時間はされど痩せます。

 

 

 

1日の摂取カロリーを消費カロリー、果ては基礎代謝量以下でも痩せないわけ

9a6077eb10c5cca00181a529a30908a7_s

 

そんなの私はわかってる!だから毎日サラダ中心で摂取カロリーを制限してる!!

 

…でも全然痩せないから困ってる。。。

 

 

なんて方、かなり多いんじゃないでしょうか。

 

 

摂取カロリーを制限しても痩せないのはワケがある

 

確かに、摂取カロリー〈基礎代謝量

となれば痩せられます!

 

間違いはありません。

 

 

ただ、私たち人間の身体はそう単純なつくりにはなっていないんです。

 

それが、基礎代謝量の低下とホメオスタシスの2つ。

 

 

基礎代謝量の低下とホメオスタシスに関してはこちらの記事で詳しくご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 - ダイエット知識 ,

Top