寝るだけで痩せる!?睡眠ダイエット

   

 

毎日の睡眠。。。

寝ることで出来るダイエットなんて本当に存在するの?
今回はそんな睡眠ダイエットについてご紹介いたします。

 

 

脂肪燃焼のカギ!成長ホルモンの分泌

320cce7780627c8fd4f6f1b499dfff87_s

 

私たちの身体は、睡眠中に分泌される成長ホルモンがあります。

成長ホルモンとは、骨や筋肉、内臓など身体の成長に必要なホルモンであり、

睡眠中に分泌されるホルモンです。
この成長ホルモン、身体の成長に影響を与えるだけでなく、

  • 新陳代謝の向上
  • 脂肪燃焼の促進
  • 筋肥大
  • 美肌効果

などの効果もあり、ダイエットや美肌効果をもたらすホルモンでもあります。
とはいっても成長ホルモン。

子供の頃にしか分泌されないものだと思われる方がいらっしゃるかも知れませんが、

実際は年齢とともに分泌量が減るわけではなく、歳を重ねても分泌量は変わりません。

 

 

睡眠中の成長ホルモン分泌向上のカギは3つ

201a7789ef1aa6132ddcf384d6bb68f4_s

 

1, 良質な睡眠

 

成長ホルモンの分泌は眠りについてから3時間の間が最も分泌量が多いといわれています。

安定して3時間以上眠ることが重要で、そのためにも睡眠の質を上げることが必要です。

 

  • 寝る1時間前にはPC、TV、スマホを見ない。
  • 毎日早めの同じ時間に起き、日光を浴びる
  • 食事時間は規則正しく
  • 寝る前のアルコール、カフェインは避ける

これらのポイントを抑えることで睡眠の質は改善される事でしょう。

 

 

2,午後10時~午前2時のゴールデンタイムを狙う

 

睡眠中に成長ホルモンは分泌されるわけですが、中でも午後10時~午前2時の間が

最も分泌量が多いといわれ、この時間中に眠りにつく事が成長ホルモンの更なる分泌におけるポイント。

 

 

3,日中に適度な運動をする

 

成長ホルモンは先に挙げたとおり、骨や筋肉を作るためにも分泌されます。

ただ、この効果をダイエットに利用するのは、

  • 脂肪燃焼促進
  • 新陳代謝の促進

といった間接的な効果をダイエットに当てるため、

もともと持つ筋肉の再生のための効果を目一杯利用するためも適度な筋トレや有酸素運動を取り入れ、

脳みそに筋組織の再生を促すことで成長ホルモンの分泌を促進させることに繋がります。

 

 

 

 

 

 

 - ダイエット方法 , ,

Top