成長ホルモンの分泌をもっと促進させる方法

   

ダイエットに欠かすことの出来ない成長ホルモン。

他にも、アンチエイジングや美肌、筋力アップにも成長ホルモンは

なくてはならない大切なホルモンです。

 

成長ホルモンは普段、睡眠中に分泌されますが、さらに日常生活中にも分泌させ

ダイエットを加速させる方法があるので今回は成長ホルモンをより多く分泌される方法を

ご紹介したいと思います。

 

 

成長ホルモンが分泌されるタイミング

睡眠

1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s

 

一番の成長ホルモンが分泌されるのは睡眠ですね。

ただ、成長ホルモンは熟睡し脳が休んだ状態でないと分泌されません。

 

最も多く分泌されるのは入眠後30分程度経った頃と言われ、さらに

午後10時~午前2時の間が成長ホルモンの分泌がピーク

になるといわれます。

(ゴールデンタイムなどと呼ばれます。)

 

仕事や生活環境の都合で午後10時に寝るのは難しくとも、ゴールデンタイムのどこかで

熟睡できるような生活サイクルを心掛けることをおすすめします。

 

 

熟睡するためのポイント

  • 寝る3時間前までには食事を済ます
  • パソコンやスマホは寝る前は控える
  • カフェインやアルコールの摂取は控える

 

筋トレ

7fcae8d979631e12a45604a2f0ce91e2_s

 

睡眠とともに成長ホルモンの分泌に期待できるのが筋トレです。

成長ホルモンは、傷ついた筋肉や細胞の再生・修復機能を有しており、

筋トレで強い負荷がかかると、睡眠同様に成長ホルモンが分泌されます。

 

ただし、成長ホルモンが分泌されるためには強い負荷がかかる必要があるため

10回ぐらいで限界を迎えるような筋トレ(重さ)を心掛ける必要があります。

 

自宅で簡単に出来るものとしてはスクワットがおすすめ。

スクワットで正しく負荷をかけると、成長ホルモンはドバドバと分泌されることでしょう。

 

 

食事

96fd876b0990df0e24fdaf7fe0c1667b_s

 

3つ目のポイントが食事です。

成長ホルモンは空腹時に分泌されることと、成長ホルモンの分泌を促進させる食事メニューがあり

それらを抑えることでより成長ホルモンの分泌を活性化させることが出来ます。
今まで3食しっかり食べていても、どこか空腹を感じることが少ないようでしたら

この機会に思い切って1食抜いてしまうことでより痩せやすい体質へと推移していくことでしょう。

※8時間ダイエットと組み合わせてさらにダイエット効果を高めるのも◎。

 

成長ホルモンの分泌を促す食べ物

  • 大豆食品(納豆や豆腐)
  • 魚介類(えび)
  • 鶏肉
  • ナッツ類

普段の生活に、これら3つのポイントを組み込むことでさらにダイエットが加速することでしょう。

是非挑戦してみて下さい。

 - ダイエット知識 ,

Top