糖質制限ダイエット(低糖質ダイエット)のやり方と効果②

      2016/03/15

3a4ac148bbdfbd17a686099c84929019_s

 

続いて糖質制限ダイエット(低糖質ダイエット)の注意点をさらに細かく追っていきます。

 

糖質制限ダイエットはやりすぎに注意!!

ココまでを見ると、

「よし!明日から糖質を0にしよう!!」

なんて思う方もいると思います。
あなたもきっとそうでしょう。
でも、糖質を一切とらないというのは

  • 非常に危険が伴うこと
  • 糖質を0にすることは不可能に近い

ということに留意し、糖質制限ダイエットを実践されたときに
自分を追い詰めすぎないようにすることもとっても大切です。

 

 

糖質の作用と糖質制限が及ぼす身体への栄養

f44bb8d976883738a407a953a999ce12_s

糖質は体内のエネルギー源。不足すれば当然体は働かなくなってしまいます。

また、脳の活動エネルギーも糖質であることから、糖質があまりにも不足すると
頭の働きも鈍ります。
さらに、エネルギー源が十分に摂取できない状態が続くと、身体は緊急状態と判断します。
とりあえず蓄えてあった脂肪をエネルギーに変えるだけでなく、不足分を補うために
さまざまなところから糖質をかき集めます。

  • 筋肉の減少
  • 集中力の低下
  • うつ
  • 疾患を引き起こす

など、深刻な症状が現れる可能性も。

 

また、炭水化物を減らしてすぐに体重が落ちたなどという場合には、
炭水化物の低下により体内の水分を排出する作用があるため、
脂肪が燃焼していない場合であることがほとんどなのです。

 

 

理想的な糖質制限ダイエット方法とは?

 

糖質制限ダイエットはやり方次第で劇的な変化をあなたの身体に
もたらしてくれるダイエット方法です。

しかしながら、単純に糖質を摂らなければいい、なんてものでもありません。
大切なことは、

血糖値の上昇を抑えた食事方法を取り入れること。
ポイントは以下。

  • メインディッシュの前にゆっくり野菜を食べ、血糖値を緩やかに上昇させる
  • 炭水化物を抜くのは夕食から
  • ジュースなど血糖値を高める飲み物を控える

最初はこれら簡単に取り組めることから始めるのがおすすめ。

 

いきなり

糖質は一切摂らない

なんて事をしてしまうと体への負担が大きいため、ダイエットにありがちな

ストレス

06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_s

 

が大きくのしかかるため持続させるのが困難です。
まず始めやすいことから挑戦してみて下さい。

 

 

 

 - ダイエット方法 , , , , ,

Top